歯科矯正と出っ歯を治す治療法

出っ歯は将来的なことも考えて、早い段階で治す方が良いでしょう。成長期の矯正治療により、それはあごとの関係を改善することにもなります。

やるならば骨の硬くなる大人になる前がいいですが、大人になってからでもできます。

でも成長期という良い時期に矯正治療をすると、歯の問題は解決しやすくなりますし、バランスよくあごを拡げやすいですし、適度にあごを成長させることもできます。

あごとの関係は、成長期に少しでも改善をすることができることで、無理に歯を抜かなくても、出っ歯を治していくことは可能な領域に入ります。

使用する矯正装置はあごを拡げるものや、前方向へ下あごを成長させる装置もあります。利用する機関としては、だいたい2年間ほどでしょう。

そこから永久歯への生え変わりとか、成長を待つことになります。



中学生の年代を過ぎたら、成長はほとんど止まります。

今度は歯の表面に、専用のブラケット装置を装着をして、奥の方へと前歯を動かすように促します。



治療によっては、気になる歯のみではなく、そこに存在する歯茎茂一が治っていくことがあります。

出っ歯のレベルによって、歯を抜くのかどうするかの判断は異なります。
大人になって年齢的にも、すでに30代以降ならば、手段は部分矯正とセラミックを利用するのが良いでしょう。

骨が硬くなるのは、30代を過ぎてからです。

歯の動きにくさは、歯周病が関係しています。
ですから全体的にすると、歯周病の広がりになるケースもあるので、セラミックの被せものとか、部分的なタイプでの出っ歯の治療が向いています。

NAVERまとめの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

そのほうが治療の期間も短いですし、歯への負担も少なくてすみます。