リンパマッサージとはリンパの流れに沿って掌や指で揉んだり摩ったり、指圧をすることで、これにより血流が良くなり、新陳代謝も高まります。

ここで、血液やリンパの話をしてみます。まず、血液は人の血管内を流れる血であり、皆さんが怪我などをしたときに出る赤い液体が血液です。一方、リンパ液とは、リンパ管内を流れており、白血球の通路となっている細い管のことです。リンパ管は、全身の静脈に沿って、網の目のように張りめぐらされており、ウイルスなどの侵入時、リンパ液内に吸収させることで血管内への侵入を防ぐ役割を果たしています。

また変性した細胞の処理をする役目を果たしているため、免疫系の役割も果たしています。リンパ液によって運ばれた物質は必ずリンパ節を通過し、リンパ液が血流に合流する前に異物はそこで取り除かれ破壊されます。このように血液で栄養を全身に送り込むために、リンパ液は侵入者をブロックするセキュリティーの役割をしているのです。

栄養は食物により体内に運ばれると、消化及び吸収が進み、血液に乗って体の末端細胞まで栄養が送り込まれます。その際に、ウイルスなどのブロックや古くなった細胞、老廃物をリンパ管を通して運びます。老廃物は腎臓により代謝され、尿となって排泄されます。リンパマッサージによりリンパに沿ってマッサージすることで、マッサージした部分の体温が上昇し、血液やリンパ液に流れが良くなります。それによりデトックス効果が高まると、代謝が活性化し、美肌効果や美容効果が出るのです。
渋谷の整体のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *