筋力を使うトレーニング後に筋肉痛になることがありますが、使った筋肉をマッサージすると、筋肉痛が和らぎます。

マッサージしているときに痛気持ちいいということがある人も多いでしょう。マッサージにより、静脈内の血液やリンパ液の流れを促進し、リンパ液により老廃物の除去と血液により栄養を細胞に送り込む両方の役割を担い、これを外からの力で揉み解すことにより疲労回復を早くする効果があります。また、リンパ液の流れを良くすることが、変性細胞の処理を担い、細胞の生まれ変わりを促進することで代謝を高めるといった効果があります。

さらにもみ解しには、ハードな運動で筋肉細胞を、守るために細胞内に貯まった乳酸が逆に時間の経過とともに疲労物質として変換されるため、運動後すぐのマッサージが必要となります。皆さんが筋肉痛と感じている痛みは、白血球の細胞によって傷ついた筋肉を蘇生させる行為で、これは、運動後のマッサージを行わない時、時間が経過してしまったことにより、自己免疫力にて回復させるときの痛みであり、徐々に解消してゆくでしょう。

この時に筋肉に外からの圧力をかけてもかえって回復を遅らせる結果となります。運動選手がトレーニング前に軽い準備運動を行い、筋肉を軽く解してから、トレーニングに入り、トレーニング終了後にストレッチなどを行い、また、冷却スプレーなどでクールダウンを図るなどして、筋肉痛にならないようにトレーニングメニューを考えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *