マッサージって本当に気持ちがいいもので、大好きだという方はたくさんいらっしゃることでしょう。

仕事で疲れたとき、肩が凝っているとき、何か自分へのご褒美をしたいとき、マッサージに行きたいと考える方はすくなくないでしょう。では、マッサージとその効果について簡単に説明したいと思います。効果のひとつとしては、体へ、物理的な力をかけることによって体内の血液やリンパ液の流れを促進させ体内の循環を良くする効果があります。血流が悪くなり、体内循環が悪くなっている状態は体調に不調をもたらすため、これを改善することによって体がすっきりとして、気持ちが良くなる効果が得られます。

また、足つぼマッサージに代表されるように、体のあちこちに「つぼ」が存在します。その「つぼ」を押すことで、体調不良の原因を改善し、体がすっきりと軽くなる効果が得られることもあります。更に、肩もみや頭もみのように、凝り固まった筋肉を力によって物理的にほぐすことで緊張を緩和し、頭痛や肩こり、腰痛を和らげる効果も得られます。ただし、気をつけなければいけないのは、こういった効果は根本的な治癒とはなっていないことです。

肩こりが起こる原因は、肩の筋肉を使うことが少な過ぎるため、筋肉が凝り固まってしまっているためなのです。なので、整体や肩もみによって一時的に症状は緩和しますが、継続的に改善するわけではないため、できるだけ体を動かし、筋肉をほぐした状態を維持することが大切なのです。大変気持ちのいいマッサージですが、あくまでもダメージが大きくなったときの時的な効果が得られるものとしてとらえ、根本的な体調不良の改善には、生活習慣の改善が不可欠であるとを忘れないでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *