マッサージとは、血液循環の改善やリンパの流れを改善する目的に行う手技療法になります。

スポーツや運動前後に行うことによって筋肉の緊張をほぐす効果や、刺激によって緊張を緩和して筋肉痛を和らげたり、排便を促す効果や気分が安らぎリラックスすることができるなどを目的に行われます。さまざまな種類があり、10~15分ほどの施術時間で行われるクイック、スポーツ選手や愛好家に対するもの、エステティックに伴うものはエステサロンに勤務する按摩マッサージ指圧師が行ったり、アロマセラピーを併用して行うものなどがあります。

また、妊婦の母乳が出るように行う乳房に施術するものや足裏だけを重点にマッサージを行ってツボを刺激するものなどもあります。自分で行うときには、お風呂などで身体を温めながら行うことによって効果を高めることができます。お腹のガスを抜きたい時や足のむくみなどを解消するためには特におすすめで、半身浴を行いながらゆっくり浸かることによって内臓の温度が上がり血液循環も良くなります。

この状態でセルフマッサージを行うことによって、排便が良くなったりむくみを解消することができるようになるのです。より効果を高めるためにはアフターケアも重要です。セルフマッサージを終えた後は、10~20分間はしっかり休憩を取る、体をできるだけ冷やさない、代謝が上がっているためきちんと水分をとることが大切です。やり方を間違えると悪い影響が出てしまうため、リンパに強い刺激を与える、食後三十分以内の施術などには注意が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *