マッサージは古代から様々な国で行われてきた民間療法の1つです。

また国によっては医療行為として用いられるほどその効果は期待されているのです。マッサージは指、手のひら、肘、足などを使って指圧や圧迫によって筋肉をほぐしていき、血液とリンパの流れを促進していきます。長時間同じ姿勢でいることによって筋肉が固まってしまい、また運動や肉体労働することによって疲労物質である乳酸が溜まります。

それによって血液の流れが悪くなり老廃物が溜まって痛みやだるさ辛さなどが出てしまうのです。そのままの状態を放置してしまうと症状が悪化してしまい病気の原因となることもあります。現代の日本では医療行為としての国家資格が必要なマッサージと、リラクゼーション目的で行われる民間資格のリラクゼーションマッサージがあります。リラクゼーションにはアロマトリートメント、リフレクソロジー、アーユルヴェーダ、ロミロミなど海外の施術方法なども沢山あります。

これらは血液とリンパ液の流れを促進させるだけでなく、リラクゼーション効果が高いためリラックスしたり、ストレスを解消するためにも利用されているのです。何かと忙しくストレスの多い現代社会ではこのようなリラクゼーションマッサージを利用することによって気持ちを落ちつかせてストレスを解消させている人もとても多いのです。日本にいながらまるで海外のスパに入るような雰囲気を味わえるサロンもとても多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *